ぱちメモ

貧乏性ぱちのぶっちゃん育成日記

コスパ最高おむつかぶれ対処法  

快便ぶっちゃんのおむチェンマスター、ぱちです!

ぱちのおむつ替え方法を披露します。

 

 

新生児の排便回数

完母ということもあり、ぶっちゃんは名前負けしないしっかり快便です。

排便回数は1日7、8回くらい。

ちびちびの時もあれば、大放出の時もありますが、健康優良児です。

ミルクが混ざると減るみたいですね。

便秘に悩まされるお母さんも多いです。

心配なことがあれば、一人で悩まずお医者さんに相談してくださいね。

 

おむつ替え

 ぶっちゃんは排便回数が多いので、おむつ替えのタイミングはいつもぶりっときてから。

おしっこしたら替えるのが当たり前ですが、おしっこだけの時は寝てるところを起こしてまでは替えてません。

なので大体1日7~10回くらい替えています。

ケチろうとして1日5回くらいしか替えなかったら2日でおむつかぶれに。

本当に、本当に悪いことした。

泣きそうだった。

 

私はドケチだけど、ぶっちゃんにとって悪いことは絶対しないと心に決めていました。

虐待になっちゃうもんね。

これは夫からも、実母からも、ちょくちょく注意されてます。

妊娠中は真夏だったから「クーラーつけなよ、ケチるなよ」とどっちからも何回も言われました。

産後も、「クーラーつけな」「タクシーで行きな」「ちゃんとしたご飯食べな」と。

 

なのに!

私はうっかりおむつの単価を考え、「おしっこだけか、もう少ししたら替えよう」「もう1回ぶりっと来そうだな、様子見よう」とかやってしまいました。

うっすら赤くなってるのに気づいてショック。

ごめんねと謝り倒し、考えを改めました。

 

おむつかぶれ対処法

おむつかぶれの対処法は「清潔、乾燥、保湿」です。

私はこの3つと「うんちだったら絶対放置しない、時間見て替える」を加えて、改心。

 

それまでアカホンのおしりふき(ケチって1回2枚まで)を使ってました。

悪くはないんだけど、ネットでみた「水で流す」のをやりたくて、100均でドレッシング入れる容器を買ってきました。

なんでもいいと思います。

霧吹きとかではなく、多少圧がかけられる方がいいですね。

 

まずお尻の下に新しいおむつをセッティング。

足をしっかり持って、古いおむつを広げます。

ここまでは一般的なおむつ替えと一緒。

 

足を持ったまま、水でうんちを狙い撃ち。

加減が難しいですね。

全部流れなくても、たっぷり水分を含んでれば大丈夫。

そこにティッシュをあてます。

普通のティッシュです。

ティッシュを押し当てると何故かうんちがティッシュにくっついてくるので取り除いていきます。

こすらないで、ティッシュを押し当てるだけです。

 

うんちがなくなったらもう一度全体的に軽く水をかけて、ティッシュを押し当てて水分を吸わせます。

これでキレイ。

たぶん。

 

そして「ドライヤー弱」「うちわ」「息」「放置」。

なんでもいいので乾燥させます。

乾燥させつつお尻を休ませてあげるみたいな気持ちで。

手で触ってさらっとしたら保湿。

お尻にちょんちょんと塗ってあげて、新しいおむつつけて、はい終了!

 

そうです、おしりふき使うのやめちゃいました。

もっぱら外出用です。

外出用のリュックに入れっぱなしです。

おしりふき使ったからかぶれたわけじゃないですよー。

私は色々試して「水で流してティッシュでトントン」があっていたというだけです。

 

おわりに 

私の場合、おむつかぶれ対処法になっちゃったけど、もちろん予防にも「水で流す」のは大切だと感じてます。

この方法にしてからお尻つるっつるです。

初期投資は水をかける容器代のみ!

ぜひ軽い気持ちでお試しを!

 

読んでいただきありがとうございました。