ぱちメモ

貧乏性ぱちのぶっちゃん育成日記

入院の思い出

生まれて初めての入院が出産だった健康優良児、ぱちです!

ドキドキだったなぁ。

 

 

入院セット

38週入ったくらいで慌ててカバンに詰め込みました。

夫にも「何かあったらこれを持ってきてね」と伝えて部屋の片隅に。

 

産院から指示のあったもの。

母子手帳、印鑑、パジャマ、赤ちゃんの服。

 

産院からあれば便利と言われたもの。

生理用ショーツ、タオル、授乳ブラ。

 

その他Twitter見て持ってこうと思ったもの。

充電器、テニスボール、ゼリータイプのスポドリ、お菓子。

 

これらを詰めておきました。

ぱちの産院、産院で用意してくれてるものが多かったのでほとんど荷物はなかったです。

入院が近くなれば教えてくれると思われます。

 

出産

朝からおしるしと軽い痛み、夕方までに段々ひどくなり、夜ギブアップで病院へ。

徹夜で苦しみ朝生まれたぶっちゃん。

いきみ逃がしとやらに使うテニスボールは使う時は来ませんでした。

逃がしてという指示はなかったです。

ゼリータイプスポドリは全く飲まず、入院中に意味もなく飲みました。

テニスボールも水分補給もせず、体さすられるのダメなタイプだったので、夫は何も要求されず、じっとしてました。

 

入院中

母子別室なのでわりと暇でした。

足腰、背中、腕、喉が痛くて、1日目は半日動けず、トイレも行けなかったです。

動けるようになってからは3時間おきの授乳タイムに授乳室に行き、診察や沐浴指導なんかが入り、合間にシャワー浴びて、あとは体の回復のためにゴロゴロ。

「母乳出ろ!」と言わんばかりに山盛りの病院食でした。

 

退院

ありがたいことに母子ともに健康そのもの。

予定通り退院。

清算はクレジットカード使えるか事前に聞いておいた!

会社の都合で「直接支払制度」しか選べなかったので支払いは10万程度。

50万カードで払う予定だったのに…悲しい…。

選べるのであれば、出産一時金は後日請求として、一度カードで建て替えてポイントをもらってくださいね!

 

さすがのぱちも生まれたてのぶっちゃんがいるから、その日はタクシー使いました。

特別な日ってことで!

 

おわりに

病院、キレイで暖かい雰囲気でした。

お化け出なくてよかったです。

 

読んでいただきありがとうございました。